Juries 審査員

■弦楽器部門(ヴァイオリン/チェロ)

大谷 康子 Yasuko OHTANI

2020年にデビュー45周年を迎え、ピエトロ・グァルネリ(1708年製)での深く温かい演奏は「歌うヴァイオリン」と評される。これまでにソロ活動はもとより、モスクワ・フィル、スロヴァキアフィル等、国内外の著名なオーケストラと多数共演。1公演で4曲のヴァイオリンコンチェルトを1日2公演行うという前代未聞の快挙を達成し話題となった。キエフ国立フィルとは2017年以降毎年招聘され、2019年11月ウクライナにて3年連続の共演を予定。また、5月に実力派ピアニスト、イタマール・ゴランと全国ツアー(12都市)を予定。CDはベストセラー「椿姫ファンタジー」(SONY)のほか、ベルリンでの録音による「R.シュトラウス/ベートーヴェン・ソナタ№5(ピアノ: イタマール・ゴラン)」(SONY)も評価が高い。その他多数リリース。BSテレ東(毎週土曜朝8時より放送)「おんがく交差点」では春風亭小朝と司会・演奏を務めている。2018年7月、自身初の著書「ヴァイオリニスト 今日も走る!」(KADOKAWA)を発売。 文化庁「芸術祭大賞」受賞。東京音楽大学教授。東京藝術大学講師。(公財)練馬区文化振興協会理事長。川崎市市民文化大使。高知県観光特使。(公財)日本交響楽振興財団理事。 オフィシャル・ホームページ http://www.yasukoohtani.com

近藤 薫 Kaoru KONDO

東京芸術大学をアカンサス賞を受賞して卒業後、同大学院修士課程修了。 在学中から国内の様々なオーケストラにゲスト・コンサートマスターとして出演する他、芸大派遣によりウィーン音楽大学の夏期講習会に参加し、アルバン・ベルク、アマデウス、ハーゲン等の弦楽四重奏団のメンバーに学び、室内楽の分野でも研鑽を積む。 これまで、東京交響楽団、読売日本交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団など、国内の主要オーケストラで客演コンサートマスターを務める。 その他、イタリア、ドイツ、オーストリア、スペイン、カナダ、中国、台湾などの各地においてソリスト、および、室内楽客演として演奏。透明感のある美しい音色、また、繊細さと力強さの両極をダイナミックに表現するその演奏は、各地で好評を得ている。 2015年4月から東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターに就任。バロックから現代音楽まで幅広いレパートリーをもち、常に新しい表現を模索し続けている。 これまでに水野佐知香、岡山潔、松原勝也、ヴォルフガング・マルシュナー、海野義雄の各氏に師事。大幸財団、松尾財団より奨学金を授与。 全日本学生音楽コンクール、日本香港国際音楽コンクール、刈谷国際音楽コンクール審査員。東京藝術大学非常勤講師、東京音楽大学非常勤講師を務める。  東京フィルハーモニー交響楽団創設時のコンサートマスター近藤富雄は祖父で、三世代に渡ってヴァイオリニストという音楽家の家系に育つ。愛知県出身。

苅田 雅治 Masaharu KANDA

桐朋学園大学で井上頼豊氏に師事。 1973年第42回日本音楽コンクール・チェロ部門第1位。1982~90年東京都交響楽団首席チェロ奏者をつとめた。現代音楽の優れた演奏が評価され、1992年第11回中島健蔵音楽賞を受賞。1982年よりニューアーツ弦楽四重奏団に参加し、飛騨古川音楽大賞奨励賞、文化庁芸術祭賞、中島健蔵音楽賞を受賞。 2005年大谷康子(vn)、齋藤真知亜(vn)、百武由紀(va)とクヮトロ・ピアチェーリを結成。2006年から2013年の定期演奏会でショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全15曲の演奏に取り組む。2010年11月に開催した第9回定期演奏会で平成22年度第65回文化庁芸術祭大賞を受賞。2013年三善晃・松村禎三・林光・間宮芳生の作品を収録したCD「クヮトロ・ピアチェーリ」を発表(キングレコード KICC 1086)。国内の主要現代音楽祭に常時出演しており、独奏者としての評価も高い。現在、東京音楽大学教授、東京藝術大学講師、桐朋学園大学講師。

■フルート部門

高木 綾子 Ayako TAKAGI

愛知県豊田市生まれ。3歳よりピアノ、8歳よりフルートを始める。東京芸術大学附属高校、東京芸術大学を経て、同大学院修了。これまでにフルートを西村智江、橋本量至、G.ノアック、小坂哲也、山崎成美、金昌国、P.マイゼンの各氏に、室内楽を岡崎耕治氏に師事。高校、大学在学中よりその実力は高く評価されており、毎日新聞社主催全日本学生音楽コンクール東京大会第1位(1995年)、神戸国際フルートコンクール奨励賞(1997年)、大学内にてNTT Docomo奨学金を受け、安宅賞(1997年)、宝塚ベガコンクール優勝(1999年)、日本フルートコンベンションコンクール優勝、併せてオーディエンス賞(1999年)、第17回日本管打楽器コンクール、フルート部門第1位及び特別賞(2000年)、第70回日本音楽コンクールフルート部門第1位(2001年)、第12回新日鐵音楽賞フレッシュアーティスト賞(2001年) 、ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール第3位(2005年)、神戸国際フルートコンクール第3位(2005年)など多数の受賞歴を誇る。一方で、大学在学中より本格的な演奏活動を開始。これまでに国内主要オーケストラとの共演はもとより、新イタリア合奏団、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ミラノ・スカラ弦楽合奏団、サンクトペテルブルク交響楽団の日本ツアーのソリストとして同行、2004年秋にはパリ室内管弦楽団との共演でパリ・デビュー、続く日本ツアーにも同行し好評を博した。さらに各地でのリサイタルや室内楽の演奏会にも出演している。現在、東京藝術大学准教授、洗足学園音楽大学客員教授、 日本大学藝術学部非常勤講師、武蔵野音楽大学非常勤講師、 桐朋学園大学非常勤講師。

橋本 岳人 Takehito HASHIMOTO

東京都出身。桐朋学園大学音楽学部を経て同大学研究科修了。大学在学中、1996年びわ湖国際フルートコンクールで受賞を始め、1998年第67回及び、2001年第70回日本音楽コンクール・フルート部門他で入賞入選。NHK-FMに於いて、「FMリサイタル」「現代の音楽」他、多数の録音、放送を行う他、NHK-BSテレビにも出演。大学在籍中より、国内の主要プロオーケストラ、国内外のフェスティバルに参加。小澤征爾等多くの世界的演奏家の下で演奏をする。 フルートを、黒田育子、甲斐道雄、金昌国、野口龍、パウル・マイゼンの各氏に師事。また、ニース、シエナ、ザルツブルグ等に於いて、オーレル・ニコレ、エマニュエル・パユ、アラン・マリオン他のマスタークラスを修了。2007-2008年、文化庁在外芸術家研修員に選出されパリに留学。ミシェル・モラゲス氏に師事。 現在、愛知県立芸術大学准教授、名古屋音楽大学講師。フィルハーモニア・クインテットメンバー。

大西 圭子 Keiko ONISHI

国立音楽大学卒業。 川上啓子、三村園子、宮本明恭、酒井秀明の諸氏に師事。T.ワイ、P.マイゼン両氏のマスタークラスを修了。 第6回静岡県音楽コンクール高校管楽器の部第1位。 国内外の室内楽合奏団との共演など、東海3県を中心に、ソロ、室内楽、オーケストラでの演奏活動の他、後進の指導に携わる。 現在、名古屋音楽大学講師、同朋高等学校音楽科講師、愛知県立明和高等学校音楽科講師。名古屋笛の会会長。

■ピアノ部門

迫 昭嘉 Akiyoshi SAKO

東京藝術大学及び東京藝術大学大学院、ミュンヘン音楽大学マイスタークラス修了。ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位、民音コンクール室内楽部門優勝、ハエン国際ピアノコンクール優勝およびスペイン音楽賞、ABC国際音楽賞受賞。 デビュー以来、気品ある音色と透明度の高いリリシズムを持つピアニストとして、日本はもとより海外でもソロ、オーケストラとの共演のほか、室内楽奏者としても高い評価と信頼を得てきた。 2001年に神戸新聞松方ホール、東京・第一生命ホールで行われた「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲チクルス」(全8回)は大きな反響を呼んだ。これはカメラータ・トウキョウによるライヴレコーディングで、『迫昭嘉・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集』としてリリース、全てのディスクが『レコード芸術』誌等でいずれも特選盤・推薦盤に選ばれるなど、名演奏の呼び声が高い。 また、近年は指揮者としての活躍も目覚ましく、1999年九州交響楽団でデビュー、2000年には東京シティフィル定期演奏会、その後も東京都交響楽団、新日本フィル、京都市交響楽団、札幌交響楽団、日本センチュリー交響楽団、名古屋フィル、神奈川フィル、関西フィル、群馬交響楽団、藝大フィルなどの指揮台にも登場、緻密な音楽作りが話題となり今後の動向に注目されている。現在、東京藝術大学音楽学部教授・音楽学部長、東京音楽大学客員教授、洗足学園音楽大学客員教授として後進の指導にも当たっている。

練木 繁夫 Shigeo NERIKI

1976年ツーソンのバイエニアル・ピアノ・コンクールと79年ピッツバーグのスリー・リヴァーズ・ピアノ・コンクールで1位に輝いた。 これまでにボストン響、シカゴ響、ピッツバーグ響、ワシントン・ナショナル響等と共演。アメリカ国外でもメキシコ国立響、フランス放送管、そしてN響を含む日本の主要なオーケストラと共演。また、76年より、チェロの巨匠ヤーノシュ・シュタルケルとともに世界各地を公演した。 09年紀尾井ホールでの「デビュー30周年記念リサイタル」は、各方面から高い評価を得た。 室内楽奏者としてもヨーロッパ、アジア、北米のコンサートやフェスティバルに数多く出演。 93年第24回サントリー音楽賞を受賞。90年シュタルケルと収録したD.ポッパーの作品のCDが、グラミー賞のソリスト部門にノミネートされた。97年にはオール・シューマン・プログラムの「パピヨン」が、文化庁芸術祭賞作品賞を受賞。1981年~2015年までインディアナ州立大学で教鞭をとった。 現在、桐朋学園大学教授、相愛大学客員教授、エリザベト音楽大学非常勤講師、霧島国際音楽祭企画委員。 リサイタルのみならず、室内楽、オーケストラ共演と幅広く活躍中。

加藤 美緒子 Mioko KATO

大阪に生まれ、合唱指揮者の父、加藤直四郎からピアノの手ほどきを受ける。東京藝術大学附属高校を経て東京藝術大学ピアノ科卒業。藝術大学4年在学中に第39回日本音楽コンクールピアノ部門で第1位受賞。翌年西ドイツ政府給費留学生(D.A.A.D.)として渡独、国立ベルリン芸術大学(旧西ベルリン音楽大学、Prof.G.Puchelt)卒業。その後ローマ(Renzo Silvestri)、ロンドン(Louis Kentner)で研鑽を積む。ショパンコンクール・ディプローム(ワルシャワ)、マリアカナルスコンクール、ジュネーブコンクール、第2回ルービンシュタインコンクール(テル.アヴィブ/イスラエル)等でブロンズメダル他を受賞。このルビンシュタインコンクールでは当時90才のルビンシュタインから、直接音楽についての話を聞く機会に恵まれ、その経験はその後に大きな影響を及ぼした。日本、ドイツ、オーストリア、イタリア、スイス、イギリス等でリサイタル、室内楽、オーケストラと共演、歌曲伴奏等の演奏活動を行う。 バルトーク弦楽四重奏団、マリオ・ブルネロ、クラウス・カンギーサー、ユルンヤーコブ・ティム(Vc.)、アニー・シュナルヒ(Vn.)、ビルギッタ・ノルドファルク(Alto)、他多くの内外の演奏家と共演。オーストリア滞在中はフォアアールベルク州立コンセルヴァトーリウムなどで6年間講師を勤める。1983年から愛知県立芸術大学に専任として勤務。2014年3月同大学教授を退任後、2016年まで非常勤講師として後進の指導に当たる。現在、名古屋音楽大学客員教授、日本ピアノ教育連盟東海支部長、愛知県立芸術大学名誉教授。

田村 響 Hibiki TAMURA

2007年10月パリで開催された世界的なコンクールのひとつであるロン・ティボー国際コンクールにおいて弱冠20歳で第1位に輝き一躍世界に注目されるに至った。合わせて、ショパン、フォーレ、協奏曲、新曲課題の最優秀演奏者に贈られる各賞を受賞。1986年愛知県安城市生まれ。愛知県立明和高校音楽科を卒業後、18歳でザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学、大阪音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。ピティナ・ピアノコンペティション全国大会においてB級銀賞(小2)、C級金賞(小3)、E級金賞(小5)、G級金賞(中2)、特級グランプリ(15歳)受賞。2002年エトリンゲン青少年国際ピアノ・コンクールB部門第2位及びハイドン賞、第18回園田高弘賞ピアノ・コンクールにて園田高弘賞第1位を最年少(15歳)で受賞。これまでにNHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団などの全国主要オーケストラと、国外ではケルン放送交響楽団、カンヌ管弦楽団、トリヤッティ・フィルハーモニー管弦楽団、リベイランプレート交響楽団、カイロ交響楽団、ベトナム国立交響楽団などと共演。その活動は日本全国各地をはじめ、フランス、ドイツ、オーストリア、ポーランド、オランダ、イタリア、ロシア、エジプト、ブラジル、中国、台湾、ベトナムに及んだ。室内楽活動にも力を入れており、これまでにマキシム・ヴェンゲーロフ、アントニオ・メネセス、堀米ゆず子、篠崎史紀、宮田大、三浦文彰などの各氏と共演している。これまでにCDを4枚リリース。2003年度アリオン賞、2006年第16回出光音楽賞、2008年文化庁長官表彰・国際芸術部門、安城市市民栄誉賞、2009年第10回ホテルオークラ音楽賞、2015年度文化庁芸術祭賞音楽部門新人賞、愛知県芸術文化選奨文化新人賞、2017年度京都市芸術新人賞を受賞。京都市立芸術大学専任講師、 大阪音楽大学特任講師、名古屋音楽大学客員准教授として後進の指導にも力をいれている。

(敬称略)

ページのトップへ戻る